QLOOKアクセス解析

海外生活 グータラ主婦の日記

海外生活4年目、つい最近サンタフェに引っ越して来て夢の専業主婦に。普段の生活や文化の違う旦那ちゃんとの事、アメリカでの不妊治療やサンタフェの魅力等を語っていきます。

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● 本文:-○

2013*07*31 Wed
14:06

スクリーニング検査

 ご訪問ありがとうございます

  そしていつも暖かい応援ありがとうございます



にほんブログ村 海外生活ブログへポチしてねbr_decobanner_20110429145146.gif








昨日ハイリスクのクリニックへ行って来ました。

最初に遺伝子カウンセラーとの話があって

その時に色んな先天性の病気についての確率を

聞きました。

そして今日これから行われるNT検査の説明がありました。

妊娠11週から14週までに行われる検査で,腹部エコーで

赤ちゃんの頚の後ろの浮腫みを計ります。

その浮腫みが標準よりも大きいとダウン症の確率が高くなるようです。

そしてもう1つ母体血清マーカー。

これは妊娠12週前後に妊婦の血液中にあるホルモンや化学物質の量を

計りダウン症などの病気の確率を推定する検査です。

この検査、擬陽性がけっこう多いという事を聞いたので

私は新型出生前診断に興味がある事を伝えました。

アメリカでは検査を行っている会社によって名前が違うようで

MaterniT21,Verifi,Harmonyなどとよばれているようです。

私の血液の中にすでに赤ちゃんのDNAが紛れこんでいるようで

その染色体の割合を検査するようです。

確定診断ではないですがかなり精度は高いようです。

が、、、遺伝子カウンセラーからこの検査は私には適さないと言われました。

というのもこの検査でわかるのはダウン症とエドワーズ症とバトー症の

3つだけで、これらは卵子の年齢に関係するもので母体の年齢は

全く関係ないという事でした。

私達のドナーさんは28歳だったのでこの3つの染色体異常の

病気を発症する確率は非常に低い為、母体血清マーカーの方が

適していると言われたのでそちらを受ける事に決めました。

ちなみにその新型出生前診断のお値段ですが、

私が事前に調べていった価格よりもとっても安く1400ドルでした。

日本では20万円ほどのようです。

血液検査だけで簡単にうけられるので流産の心配も0ですし

自分が適していたら絶対この検査にしていたと思います。









一通り説明を受けてエコー室へ。

この瞬間いつも赤ちゃん元気かなとナーバスになります。

santa fe life 2013 002

すっごく元気でした

11週5日目 CRL5.5cm

随分大きくなって元気に動いていました

頚の後ろが中々チェックできなくて40分ほどかかりました

でもNT検査は無事にクリアーできました

浮腫みは1cmほどだったようで正常サイズとの事。

一安心です。

そしてその後母体血清マーカー。

指に針をチクリと刺して血液を採取するだけ。

その後、主治医との話だったのですが次回になりました。

日本もそうなのかもしれませんがアメリカの産婦人科も

大忙しのようで、今日もすべて終わるのに3時間かかりました。

そのうちの半分以上は待ち時間です

でも今日は赤ちゃんにも会えたしルンルン気分で帰宅しましたよー



人気ブログランキングとブログ村ランキングに参加中です。
応援宜しくお願いします 

     にほんブログ村 海外生活ブログへ br_decobanner_20110429145146.gif

スポンサーサイト
*
妊娠Trackback:0 ● 本文:-○
トラックバック:
この記事のトラックバック URL


プロフィール

tasukesan

Author:tasukesan
専業主婦です。動物大好き。プロフィール画像は愛犬タスケ19歳です。老犬ホームトップさんでお世話になっています。トップさんのブログでタスケの様子を確認する事が毎日の楽しみです。

タスケの人年齢
スポンサーサイト
足跡残してくださいね
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
おすすめブログに認定されました


キャッシング
FX取引で儲ける

サルでもわかるFX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。